セラピールーム lokahi lani 虹


セラピールーム

lokahi lani 虹

   (ロカヒ ラニ 虹)


HOME > フラワーレメディ > フラワーレメディについて > フラワーレメディの作り方

● バッチ博士のフラワーレメディについて


フラワーレメディの作り方




花が満開を迎える時期、植物のエネルギーが満ち満ちてくるその時期に
植物の波動を水に転写して取り出し、これにブランデーを同量加えたものを
母液とし母液をブランデーや植物性グリセリンなどの保存液で薄めたものが、
38種類のストックボトルになります。

母液を作るには2つの方法が用いられています。



 sun method 太陽法 

晴れた日にガラスのボールに入った400ccほどの湧き水に花を浮かべ
午前9時から12時まで太陽の光をあて水に波動を転写させ波動を抽出します。
その後花を取り除き、ろ過します。



 boiling method 煮沸法 

晴れた日に午前9時前に鍋に花、茎、葉、芽、枝を集め入れ、
1.2lの湧き水を加え30分間煮沸します。
その後、冷まし花や枝などを取り除きます。



                                         
イギリスでは1930年代に完成したこのシンプルな方法が現在も受け継がれ、
そのまま同じ方法で作られています。

        





PAGE TOP

Copyrightc lokahi lani 虹. All Rights Reserved