セラピールーム lokahi lani 虹




セラピールーム

lokahi lani 虹

   (ロカヒ ラニ 虹)


HOMEフラワーレメディ>フラワーレメディについて


● バッチ博士のフラワーレメディについて







フラワーレメディとは




1930年代イギリスの医師であり細菌学者であったエドワード・バッチ博士が

ウェールズの森から発見した植物や岩清水の波動を転写させて作った

38種のエッセンスです。




バッチ博士は、病気は精神と心、魂の不調和から起こると考えていました。

野生の植物にそれを癒す力があることをみいだし、

1936年にこのシステムを完成させました。







日常で経験する『イライラ』『悲しみ』『落ち込み』『怒り』『不安』などの

ネガティブな感情に焦点を合わせ、それにあったレメディを摂ることで

優しく穏やかに感情を癒し、その人自身が本来持っている

バランスの取れた状態へと導いていきます。



副作用や依存性がなく赤ちゃんからお年寄り、動物や植物にも

使用することができ、他の療法や治療とも併用することが可能です。




本はもちろん70カ国以上で一般の方から医療関係者まで使われており

イギリスでは、家庭でも安心、安全なシステムとして

70年以上に渡り、使われています。











PAGE TOP


Copyrightc lokahi lani 虹. All Rights Reserved